私が湯シャンを始めたきっかけ

シャンプー探しにハマる日々

今では毎日湯シャンの私も、成人を過ぎるまでは普通にシャンプーをしていました。それもいろいろと口コミなどを参考にして、髪や頭皮に優しいものを選んで使っていました。
以下は私のシャンプー歴です。

普通の市販品
 ↓
石鹸シャンプー
 ↓
敏感肌用
 ↓
無添加もの
 ↓
オーガニックもの

数年間これをループしていました。

ほとんどのものは特に頭皮が荒れるということもなく普通に使えていましたが、ある日以前よりなんとなく髪にコシがなくなっているような気がしたのです。(もともと柔らかい髪質ではあったのですが)

少し焦って、洗髪のやり方を見直したり、別のシャンプーを試したりしましたが、あまり変化はありませんでした。

そのうち、一体どれを使えばいいのかわからなくなり、迷いに迷って新しいシャンプーを買えずにいました。

きっかけはシャンプーをきらしてしまったこと

そのうち使っていたシャンプーもなくなってしまったので、仕方なくその日はお湯だけで洗うことにしました。(さすがに髪を洗わないという選択肢はなかった。)

洗っているときは、指がべたつくかな?と思いましたが、そのあと乾かしてみると・・・

あれ?意外とべたつかない。頭もかゆくならない。
もうシャンプーを探し続ける生活に疲れていた私は、好奇心も伴ってそこからお湯だけで洗髪することにしたのでした。

当初は完全に湯シャンというわけではなく、2,3日に1度ぐらいシャンプーを使っていましたが、そのうち週に1回、月に1回とどんどん頻度が減っていき、今では時々気分転換にオーガニックシャンプーを使う以外、ほぼ完全にお湯のみで洗髪しています。

次回は、湯シャンを始めた結果どのような変化があったか書きます。