洗髪前の準備(その1)

とにかく髪をとかせ!

ここでは実際に頭を洗う前の準備について紹介します。

まず湯シャンの準備で何より大事なのは「髪をとかすこと」です。これを怠るとお湯でスムーズに汚れを取ることができません。

使用する櫛は「つげ櫛(柘植櫛と書く)」がおすすめです。ふつうのプラスチックや獣毛で作られた物でもいいのですが、つげ櫛は目が細かいので髪の汚れ落ちがとても良い上に、櫛に含まれる椿油が毛髪を美しくするのでオススメです。お手入れは結構面倒ですが・・・。(櫛についてはまた別の機会に詳しく書こうと思います。)

髪をとかすタイミング

また、櫛で髪をとかすのは、お風呂に入る前だけではダメですよ。朝起きて、まず髪をといてください。1日の初めに髪をといておくのとおかないのとでは、洗い心地が全然違います。

理由はよくわかりませんが、多分朝に先にとかしておくことでまんべんなく髪に油が回って束になりにくくなるのかな・・・?と推測しています。髪をとく回数は多い方がいいけれど、あまりときすぎると摩擦で痛むので注意。

この時、当たり前のことですが、毛先からゆっくりとかしてくださいね。絡まった毛を無理に引っ張ると毛先が傷む元になります。湯シャンはトリートメントと違って髪の補修効果はないので、出来るだけ丁寧に扱いましょう。

その2に続きます。